FC2ブログ

Grandma's Diary

旅行と美しいもの、おいしいものが好きで、ミーハーな元ワーキングマザーが、自分のこれまでを振り返り日々の想いをつづります~

 現地から第一報です … 暖かいのはいいのですが30℃はちょっと堪えます(;´Д`) 今日でシドニーは終わり、明日はハミルトン島へ移動です …

さて、夜10時のフライトでしたが、ラッシュを避けるため早めに家を出て羽田で夕食をとることに … チェクインが始まる6時少し前にカンタス航空のカウンターに到着、チェックインを済ませ寿司で夕食。カンタスには初めてかも?機内食は簡単なパスタ、朝もフルーツとマフィンという軽い食事。シドニーまで9時間のフライトですからこれで十分なのでしょう。

翌朝9時過ぎにシドニーに到着、日本との時差は夏時間のせいか2時間、空港でATMでオーストラリアドルを500ドル用意、タクシー代にすぐに必要です。クレジットカードだと3%とかの手数料をとられます。実はオーストラリアではカード払いに手数料を上乗せするケースが多いようで意外と現金が幅をきかせています。

空港では事前のETAS(アメリカのESTAと同じもの)申請でドタバタしたこともあって一抹の不安もあったのですが問題なく入国できて一安心。ダーリングハーバーのホテルまで20分ほどで、スムーズに移動できました。ただし、事前情報と違い60ドルかかりました!

  チェックインには早かったのですが部屋に通されラッキー(*’▽’) 一休みしてからハーバーブリッジを歩いて渡るため出かけました!30℃の暑さにギラギラの日差しの中、ホテルからサーキューラキーまで30分以上歩き、フェリーで対岸まで… フェリーのチケットを間違って重複して購入、払い戻しはできないそうでお金を無駄にしてしまいました(-_-;) 海外旅行ではいつも何かしらこの手の失敗をやらかしてしまいます。

  さて、気を取り直し、フェリー乗り場を捜し歩いてやっと乗れました!そのフェリーからの眺め …
  


  一駅目のMilsons Pointでフェリーをおり、ハーバーブリッジへ上ります。ブリッジからの景色 … 去年のニューヨークのブルックリンブリッジと同じですがこちらの方は10分ほどで渡りきれます。





  橋のワイヤの上を歩くツアーもあるくらいですから、橋げたの塔には階段があって簡単に登れます。足が痛くなければワタシもトライしたところです …



  橋を渡り終わったところはロックと呼ばれる旧い街並みが残っている地区にあるグレンモアホテルでバーガーのランチ、二人で1人前です!



  またまた40分近く歩いてホテルに戻り、疲れはててこの日は夕食もでかけませんでした(;´Д`)  足のケガが治ってないところに、この一か月運動らしい運動をしていないのがこたえています。まだまだ始まったばかり無理しないよう気を付けていきます。

  翌日は現地のツアーに参加してブルーマウンテインです …

(To be continued)
スポンサーサイト

  今朝の母は機嫌が悪く、「ゆうべ良く寝られなかったから未だ起きたくな~い!」とかでなかなか起きてくれません(゚Д゚;) どうやら夜中にみかんを探しゴソゴソしていたのを、娘と連れ合いが気が付いて起きてくれたらしい。目につくところに置いておくとあるだけ食べてしまうので隠しておいたのです(;'∀') どうやらそれが睡眠不足の原因、ワタシは爆睡をしていて全然気が付きませんでした(笑)

  という訳でアタフタと慌ただしい中、無事ショートステイに出かけました。最近は玄関先にまとめてある荷物をみると「お泊りか?私がいない間休んでね~」とお優しい(笑) はいはい、でも今回はちょっと長いですぞ~ 

  今日は夜10時のフライトです。足はまだ痛みますし、長い距離を歩けるのかと不安はありますが無事戻ってこれますことを …

  

       

  バレンタインデーにと孫娘がワタシ達にくれたクッキー … 既にじいじの口に入ったので中味は減っています(笑)クッキーのドウはママが作ったようですがサクサク感が足りないのは型抜きで孫たち(特に三歳児―笑)がこねくり回したからかしら? 孫娘によると「本命にもちゃんとあげる♪」とのこと … こうやってだんだんとオトナになるのねぇ ~ 成長は嬉しいけれど寂しくもあるじいじとばあばです。おばあちゃんと言えば …

  池江選手の80歳の祖母のコメント、孫娘への想いもう他人事ではありません(T_T)「水泳なんてやんなくていいから、とにかく長生きして、私より先に逝っちゃうなんて、いやだから、とにかく長生きしてほしいです。生きてさえいれば …」 これが家族のそして大多数の国民の想いですが … ナント「金メダルがとれなくてガッカリ」だの「オリンピックが盛り上がらない」って人間としてどうよ、サクラダ五輪大臣(# ゚Д゚)

  10月18日の「統計の日」(こんな日があるとは知らなかった!)を記念し総務省が標語を募集 … こんなのが上がっているようです。もう笑うしかないですねぇ~

       

  民主党時代は悪夢だったとソーリは言いましたが、自民党と自分にとってでしょ?あの時代を振り返ると、円高で企業は大変だったかもしれないけれど、高校授業料の無償化とかいい施策もあったし、実質賃金も今より高かったし、何より記者クラブを週刊誌や海外メディアにも開放し、自由に質疑をさせていたから、日本の報道自由度は確か11位に上がり、今は72位です!

  ワタシがいた役所では「民主党が … 」って戦々恐々としていたから、役人たちにとっても自分たちの手抜きや自民党との癒着が明らかになるって恐れていたのね。だから面従腹背で足を引っ張られた面があったと思うし、マスコミも「決められない政治」って批判し、ちょっとした失言で大臣を辞任に追い込んだりしていたから、メディアの責任もかなりあったと思う。今はどんな不祥事でも居座ってウヤムヤにされている … 

  オカダさんが「自民党時代の重荷を背負い …」と言ったら「どんな重荷か」って反論されていたけど、福島第一原発の津波対策ってはっきり言ってやればよかったと思う。想定された津波の高さに対し「問題ない」と堤防かさ上げなどの対策を無視したのは第一次内閣のソーリだったんだから … 原発対応が悲惨だったって非難されたけれど、未曾有の事故に誰がやっても困難だったと思うし、自民党が彼ら以上にやれたかどうか??? たら・ればを言っても仕方ないのだけれど、民主党政権がもう少し続いて利権をひっくり返していたら随分日本の景色が違っていただろうとそれが残念 …

  昨日、三週間ぶりでジムへ様子見に出かけました。もちろんエアロビクスなぞ足に負担がかかるものは未だ無理なので筋トレとプールでウォーキングを少々でしたが、やはり足が痛み難しいと悟りました(;´Д`)  何人かのお仲間が「どうしてたの?」と声をかけてくれましたが、オーストラリアへ行くしジム再開は来月ね。

2019.02.09

雪の日は …

  今日は雪、 母の所に介護に通っていた時はこの雪の日が大変でした(゚Д゚;) こういう日と、自力では立ち上がれず座り込んでしまっているのを立ち上がらせる時に家族に助けてもらえる時は自宅での介護でホントに良かったなぁと思えます …

  さて、日々のニュースに感じていることを画像と共に …

     

  これは国別の問題解決の手法が一目で分かるガイドラインです … 日本はと言えば最後 ≪みんなでワイワイ議論しても結局問題は先送り≫ (笑) アメリカは空爆、ロシアは収監、中国は問題自体「ないことにする」(笑)それぞれお国柄がでていますが笑えるのはフランスで問題がデモや何やらでより増えてしまっている。今の「黄色いベスト」運動は5月頃まで続くようですけど …

     

  最近一番腹が立ったのはこの年金が消えてしまったことに対し、誰も責任の所在を明らかにせず、今後どうするのか説明がないこと (# ゚Д゚)

     

  ソーリは森羅万象つまり英語でいうところのユニバースを担当と!別の言い方では「裸の王様…晋裸万笑」 なんだけど(笑) … 国のすべてに責任を負うという覚悟は結構だけれど実態はゴマカシ、言い逃れ、嘘八百でしょ?

     

  衆院予算委で、立憲民主党の長妻議員の質問中自席から発言する(モトイ野次る)ソーリ!

  こうやって質問者を小ばかにしてヤジる幼稚な態度(ワタシには「お前の母さん出べそ~!」と悪たいついている悪ガキにしか見えないー笑)は何とかならないの?一国のソーリですぞ! それから、児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議で亡くなった栗原心愛(みあ)さんの名前を「ゆあさん」と言ったそうだけど、ちゃんとフリガナがついているのだから、言い間違うなんて、それも名前を … 心がこもっていないこと丸わかり(# ゚Д゚)

  まあ、国の基盤である統計が崩壊している非常事態でも、それに関する報告書にさえ目を通さないくらい文書を読むということを苦手としているのだから無理ないか … その割にはお付きや報道陣を引き連れて商店街で買い物をするとかのパーフォーマンスには熱心なのね。

     

  今年の「北方領土の日」の広告 … 去年までの「固有の領土」の文字はありません。

  大塚議員「固有の領土という言葉を使ってご答弁いただけませんか」
  ソーリ「あのほー、えーこの、ま政府の立場としてはですね、えー北方、その北方領土についてはですね、えー島々にはわが国の主権、北方領土の島々は、わが国が主権を有する島々で…」 と意味不明の誤魔化し …

  問題は「北方領土の返還」を今後どうするのかということもだけれど、従来の日本政府がとり続けてきた原理原則の転換に明確な理由の説明がないことでは?  

     

  明石順平さんが作成した民間消費支出のチャート(データにごまかしがあったらもっと下振れ!)、アベノミクス以降消費が増えていない (-_-;)

  昨年一月のサンプル入れ替えで可能になった「21年ぶりの3.3%の名目賃金上昇」と実績をアピールしていた アベノミクス。まぁその化けの皮がはがれている訳ですがその背景には「成長戦略」か?

  オガワ議員「2015年骨太の方針の成長戦略の中に【統計改革・改善】とある。政治主導で統計をいじる事が何で成長戦略になるのか」
  ソーリ「私達が統計をいじってアベノミクスを良くしようとしている? そんな事が出来るわけない」 

  やってるじゃん!

  調査を担当する特別監察委のヒグチ委員長は厚労省外郭団体、労働政策研究・研修機構のトップです。「報告書を何百ページ書いても、この委員会は信用ならんとなったら終わり」とクボリ弁護士はおっしゃっていますけど …

  厚労省だけでなく政府の基幹統計、4割(22)で誤り だそうで 
  〈省庁がフェイクを競う国哀れ〉  朝日川柳

  国の根本がおかしいと思うのは他にも …
  
  日大アメフトの違反タックル問題に関し前監督ら「容疑なし」、一方で選手は傷害容疑で書類送検とか … 警察には日大OBが多く、警察幹部が日大の「危機管理部」に多数天下りしている実態があります。まぁ癒着ですねぇ~

  財務省で文書改ざんを主導したサガワ前国税庁長官らも1月11日に検察審査会で「不起訴相当」となったしで、力のあるものが強弁し言い逃れを続け、それがまかり通っている国の社会的正義、社会的公正って???

  今日は言いたいことが山ほどあって長文になってしまいました、お許しを (;’∀’) 

  昨日は母と一緒に早めの夕食をとり、寝かしつけてから歌舞伎座へ … 今月は尾上辰之助三十三回忌追善ということでゆかりの演目があって、それが「名月八幡祭」、若き日に仁左衛門(当時孝夫)と玉三郎が演じたチンピラ三次と自己チュー芸者美代吉を今の二人がやり、主役の越後の縮緬屋新助を辰之助の長男の当代松緑が演じます。 夜の部最後の演目なので6時前に自宅を出て一幕だけ … ということで3階席にしました!

  筋は新助が一目惚れした芸者に借金を申し込まれ、一緒になってくれるならと田畑を売って金を用意したのに、他から金が入ったので「その話はなかったことに …」と言われます。もう後戻りできないと絶望した新助が錯乱し美代吉を殺してしまうという … うぶな田舎者が百戦錬磨の女にだまされるという展開はちょっと「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」と似ていなくもない。

  で、仁左さんの三次は美代吉の情夫で要はチャラいヒモであります(笑)籠釣瓶でも玉三郎演じる花魁八つ橋の間夫栄之丞だったし … まぁ色男なので玉さまが惚れるのも無理ないと説得力があります(笑)当代の夫婦役者といわれるだけに二人でイチャイチャする場面はさすがにそれらしい!最近の女方はこの”情”が足りないとどなたかがコメントされていましたが、この二人にみられる情愛は夫婦役恋人役それぞれで違うのですがちょっと特別で、これを見るために無理をして出かける価値があるというモンです(*'▽')



  この写真は前日3日、昼の部の後に行われた出演者による豆まきの様子 … 残念ながらワタシは観ておりません(;'∀')

  来月も仁左さんが歌舞伎座なので、ショートステイの日程と合わないのですが今日のように時間をやりくりし一幕だけということになります。まぁせわしないしお金が勿体ないですが仕方ありません(;^ω^)

  そうそう、足は買い物で近所をウロウロするのとは比較にならないくらい痛みました(゚Д゚;)これでオーストラリアは大丈夫か???

   閑話休題:不適切な統計データについて「失われた年金」と同じように「失業保険金の不足分の給付」に問題を矮小化しようとする政府の動きに対し … 

○ 「国家統計データのねつ造や改ざんは、それらのデータを元にしてあらゆる学問的研究や論文も書かれていくことになる一次ソースなので、それが信用ならないとなると、学者も学校も研究機関も含め一国の学術文化が長期に渡り壊滅的な被害をこうむるということになるのです。ただの違反ではすまない」 by建築エコノミスト森山さん

  これはワタシもかつて仕事で政府の健康栄養調査や人口動態のデータなどを利用してきたのでよく分かります。案の定、日本経済学会が 「もし政府がこのまま対応を取らなかった場合、日本の経済統計全般に対する信頼性はさらに損なわれ、経済学の実証研究に及ぼす負の影響は計り知れません」とコメントしています。

  影響は海外にも及び国際社会での日本の信頼性に大きなダメージとなるに違いありません! ほんとにもうどうしてくれるの(# ゚Д゚)

プロフィール

lovebamboo

Author:lovebamboo
東京都在住、人、モノ、場所を問わず美しいものを追っかけています~

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Copyright ©Grandma's Diary. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad